システム構築におけるポイント

システムを立ち上げる為に、まず最初にユーザーと行う事は 「現状把握」 と 「要求定義」 です。
この上流工程を行う為には
 ・「コミュニケーション力」
 ・「問題解決力」

が特に重要となります。
打合せは、ユーザーの状況をうまく聴きだし、求めているモノを把握する所から始まります。

「コミュニケーション力」とは
 ・相手の話を聴く力
 ・自分の話(意見)を相手に伝える力
です。

打合せでは、要件をうまく聴き出さないといけません。 また、自分の話もうまく伝えなければ構想を伝えられません。 その為、システム構築を行う際にもコミュニケーションに力を注ぐ必要があります。 

また、当然のことですが 「問題解決力」 が必要です。 

問題解決力は、ユーザーが提示した要件に対して、どのように解決を行っていくのか?という部分に繋がっていきます。
なお、問題についてはシステムに反映してないだけで、既にユーザーが解決策を持っている場合もあります。
その際には、ユーザーが描いている解決策を構築するための議論を行います。 

問題解決を行う為には、以下のような事が必要です。
 ・情報分析を逸早く行う力
 ・グループやメンバーに対して問題部分を共有する力
 ・問題点を的確に修正する力 

ここで言っているグループは、プロジェクトメンバーなどを指します。
気付いた問題点をグループ内で共有する事によって、同じ事を繰り返さないようにすることが重要です。