基板設計

私は、携帯電話や家電製品などの電子基盤を設計するシステムを開発しています。
そのシステムの中で、部品や配線の距離などをチェックする機能開発を主に担当しています。
普通のアプリケーションとWebのアプリケーションの両方を開発していますので、各種の開発言語を使用しています。現在使用している言語は、C++、Java、JavaScript、Jsp、HTMLなどです。
開発現場では電子基板の専門用語が飛び交いますので、おぼろげな場合は、その場で確認したり教えて貰ったりしています。中途半端に理解して開発に着手すると、お客様のご迷惑になりますし、ソフト開発現場の各工程にも迷惑を掛けることになるからです。
私が担当しているシステムを使って頂いて「このような製品を造ってます!」などの報告を聞くと、貢献できて良かった!とモチベーションがあがりますし、更に貢献できるようなシステムを作ろうと気力が充実してきます。

当社の電気設計チームの技術者は、大半がお客様先に常駐して設計業務に携わっておりましたので、持ち帰りの受託開発案件が極端に少ない状況でした。

そんな中、お客様から持ち帰り設計を打診される機会も増えてまいりましたが、残念なことに待機の技術者が不足しております。

つきましては、持ち帰り設計開発をご協力いただけるパートナー会社様を募集しております。

ご協力いただける会社様は「お問合せ」をクリックしていただきますと、メールシートが表示されますので、ご住所やお名前、得意分野などをメール頂ければ幸いです。